綺麗な歯を手に入れるために裏側矯正を始めよう

希望に合わせた選び方をしよう

一昔前までは矯正は表側が一般的でした。そのことにより、矯正器具がついているのが気になる方も多数居るでしょう。今では裏側矯正というものがあります。歯の裏側に器具をつけるので、人から矯正と気づかれることはほとんどありません。裏側矯正に興味を持ったらまずは、みんながどんな理由で裏側矯正を選んだのか見ていきましょう。

裏側矯正を選んだ理由

no.1

他人に見られたくない

裏側矯正の治療をスタートさせた方々の意見で多かったのが、他人に矯正器具を見られたくない、気づかれたくないといった理由です。人と話す時はどうしても口が見えてしまうからこそ、やはり口元は気になりますよね。

no.2

食べ物がかかりやすい

食事をした時に、通常の歯でも食べ物がはさまりやすいですよね。表側の矯正をしているとさらに食べ物がかかりやすいことから、気になる方も多いです。そういった理由で、比較的つきにくい裏側矯正を選んだとの声も多い結果となりました。

no.3

職業的なことから

職業で接客業やモデルのお仕事を行いながらであれば、歯並びを整えることはとても大事なことです。しかし、矯正が目立ってしまうのも気になってしまいます。そういった職業柄の問題で目立たない裏側矯正がベストということで選ぶようです。

綺麗な歯を手に入れるために裏側矯正を始めよう

歯

裏側矯正の治療期間について

さあ、裏側矯正を始めてみようかなと思ったところで気になるのが治療期間についてですよね。治療期間は約3年だと言われています。人それぞれ歯並びの具合は変わるので、期間は多少異なるでしょう。急ぎの治療でなければ、人目を気にせずゆっくり治療していくプランの方が良いですね。

気をつけるべきこと

歯科での矯正治療期間は、矯正器具によって歯磨きがしづらいことから虫歯になりやすいことがわかります。そのため、虫歯にならないように歯磨きは念入りに行いましょう。虫歯が出来てしまうと、治療が必要になり、矯正治療が一旦ストップしてしまいます。

元に戻るのを防ごう

矯正治療がめでたく終了しても、油断は禁物です。大人になった歯は、矯正を終えても元の位置に戻ろうとする力が強いからです。そのため、治療期間が終えても保定という取り外すことの出来る装置を付けることが必要になるでしょう。寝る時だけ装着するタイプもあるので、用途に合わせて選ぶと良いです。

広告募集中